脳幹出血・情報掲示板 431389


ここは、脳幹出血および、それに類する傷病に関しての、なんでも掲示板です。
新規スレッドは、一番下の緑のフォーマットからお願いします。
商用・アンケート・署名などの投稿はお断りします。また、特定個人への誹謗・中傷や、勧誘目的の書き込みは禁止させていただいております。「掲示板荒らし」と思われる書き込みも禁止させていただいております。明らかに話題の本筋と関係の無い投稿は、通告無く削除させていただきます。


脳の可能性

1:sally :

2012/12/07 (Fri) 23:28:16

私の訪問先のブログで、こんな記事と出会いました。
書かれている方(スクラムさん)は、いわゆる脳卒中ではない病気の方ですが、
とても勉強になりましたし、勇気をいただきました。
是非、一度読んでみて下さい!
(※転載・紹介許可済み)

●専門家である医師やリハビリ担当医師、PT、OT、STなど医療やリハビリの専門家が設定する「回復の上限」=「この人の回復度合いはココまで」によって、回復度合いが制限される!
過去の治療経験から回復に上限を設定してしまうと、患者の、それ以上の回復を阻害する?
本来もっと救われるべき人が救われていない・・・。

●HOSPEX Japan(病院/福祉設備機器が一同に集う専門展示会)2012年11月14日から3日間東京ビックサイト東館で開催された。
その一環で大阪の医師が、前述の様な脳の話を、実際の症例に基づいて話された。
先生は関西のリハビリ専門病院副医院長であり、その病院では他の病院が断るような重症患者を受け入れていることが特色の1つという。脳内出血に代表される脳外科的な症例や事例が多かったものの「脳の持つ可能性」をお聞きして勇気をもらった次第である。脳内出血など脳外科患者や家族には大変有効な内容であった。

詳しくは、下記↓をご覧下さい。

「スクラムさんのブログ」
《脳、その不思議への挑戦》 を受講して(全4回予定)
http://ameblo.jp/scd-msac/entry-11408386556.html

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.