脳幹出血・情報掲示板 403364


ここは、脳幹出血および、それに類する傷病に関しての、なんでも掲示板です。
新規スレッドは、一番下の緑のフォーマットからお願いします。
商用・アンケート・署名などの投稿はお断りします。また、特定個人への誹謗・中傷や、勧誘目的の書き込みは禁止させていただいております。「掲示板荒らし」と思われる書き込みも禁止させていただいております。明らかに話題の本筋と関係の無い投稿は、通告無く削除させていただきます。


脳幹出血による記憶障害

1:ミナミの父 :

2015/07/02 (Thu) 17:01:59

大変ごぶさたしております。
以前、「脳幹(中脳)出血から5ヶ月」のスレを立てました、ミナミの父です。

前スレと重複しますが、今までの経過を書きますと、

2013年4月25日に、東京で一人暮らしをしていた娘(当時26歳と11ヶ月)が、脳幹出血で救急搬送される。
AVM(脳動静脈奇形)による脳幹出血とのことで、急性水頭症を発症し、同日脳室ドレナージを行う。
翌26日に開頭手術を行い、AVMを摘出。

2014年1月31日に地元のリハビリテーション病院を退院して、実家近くのワンルームマンションで、家内と在宅介護生活を開始。
私は平日には、毎日朝晩に寄り、休日には家内が買い物等に行っている間、午後1時くらいまで娘の介護を行う。

現在身体的には、頭から足先まで左側の動きが悪く不自由。
一人で歩けないが、手を引いたり、腰を支えれば歩ける。手すりがあれば、階段も一人で上り下りできる。
両眼とも、動眼神経麻痺による眼瞼下垂で、まぶたが少ししかあかない。右目より左目がよりあいていない。
よく見たい時は、右手で右瞼を上にあげて見ている。
口の粘つきが激しいとのことで、四六時中うがいをする。またトイレも、うがいほどではないが、かなり頻繁に行く。
車椅子は通院している病院内でのみ使用。(在宅介護当初は、室内で車椅子を使用していた)
たまに行く外食時にも、家内が支えて席に座らせる。(そのとき私は邪魔者扱いされる。一人で連れて行く方がいいとのこと)

で問題の精神的な部分ですが、
症状は、少し前のことも記憶できない、認知症のような状態です。
昔のことはよく覚えています。が、2012年までしか覚えていません。
9か月に及ぶ入院生活も全く覚えていません。
新しいことを記憶することがほとんどできません。
ただ、会話は普通にできます。内容を記憶できていないですが。
休日に私が介護しているとき、家内と一緒に暮らしていることさえ覚えていません。
家内が帰ってくると、家内と一緒に暮らしているのを認識するようです。

動眼神経麻痺も治るのかどうか気になりますが、この記憶障害は認知症同様、治ることはないものなのでしょうか。
明らかに脳幹出血による記憶障害だと思いますが、何でもいいですので、何か参考になることがあれば教えてくださればありがたいです。
なお、開頭手術の際、脳梁を取り除いてAVMを摘出しています。(脳外の先生の話では、脳梁の除去が原因かどうかはわからないとのことです)
2:sally :

2015/07/03 (Fri) 01:56:21

ミナミの父さん、お久しぶりです。

娘さんはもう車イスをほぼ卒業されてるんですね!!!
スゴイ回復ぶりで驚きました。

動眼神経麻痺は脳幹出血の方には珍しくないと思います。
でも時間とともに治ってる方が多いようにお見うけしますよ。
瞼が閉じにくいと眼球が乾いて傷つきやすくなるので点眼薬を使われるみたいです。

反対に記憶障害は、脳幹出血の方には少ないと思います。
脳梁はまだ、その機能が詳しく解明されてないらしいです。
でも場所的には無関係じゃなさそうですね。

もしも手術が原因なのだとしたら、いわゆる高次脳機能障害だと思うので、
リハビリできっと回復されると思います。

自宅でも出来るリハビリ・ソフトがあります。割と評判が良いです。

「高次脳機能バランサー」
https://www.ledex.co.jp/products/kb001
3:ミナミの父 :

2015/07/03 (Fri) 23:40:37

sallyさん。レスありがとうございます。

ご紹介いただいた「高次脳機能バランサー」のiPad版を購入し、29種類のタスクを試してみました。
明日、娘に基本の3または7種類のタスクをさせてみたいと思います。
とにかく続けさせないとダメですね。
4:祐喜:

2015/07/04 (Sat) 06:23:52

失礼致します。私は高次脳機能障害の妻を介護する夫の祐喜と申します。
Sallyさんにはいつも励ましていただいたりしていてこちらも紹介していただき知りました。
書き込み拝見致しまして、妻の高次脳機能障害とかなり類似した症状ではないかと思い書き込ませていただいております。
妻も平成25年5月、モヤモヤ病からの視床出血で、水頭症もありました。後遺症は高次脳機能障害、左片麻痺、当初はやはり目が閉じれなかったり、乾いたりで、その中で一番重いのは高次脳機能障害の注意障害と記憶障害です。
高次脳機能障害の症状も改善の度合いもひとりひとり違うため一概には言えないでしょうが、高次脳機能障害専門外来の先生などのお話の中でも記憶障害も回復すると言われております。10年後でも一部の機能が回復する例もあるとか。その言葉を頼りに私たちも必死に頑張ってます。
その様子は最近開設しましたこちらのブログに一部掲載しております。http://s.ameblo.jp/god-speeeed/entry-12043767826.html
昨年11月からのすべての記事はヤフーブログに掲載しております。
妻は夫を認識できない、見当識がないから病院にいること、今日の日付、何をしてるのか、なんでこうなったのかなど全くわからない状態からはじまり、現在2年と2ヶ月目、劇的に改善いたしました。今はやはり、発病前後の記憶や数日前、明日の事、今飲んだ薬のことなどの記憶や未来の予想などはまだ困難もありますが、毎日俗に言う薄皮剥がすように改善しています。わたしたちも高次脳機能障害バランサーとか、高次脳機能障害の本にある脳トレのリハビリしたり、覚えたいことを反復して毎日少しずつ覚えたり、壁に貼って覚えたり、音楽にのせて覚えたり、あと壊れてない方の脳を使う(鍛える)こともしました。高次脳機能障害専門外来に通院してますが、ここではかなりの評価いただき、日々前向きに生きてることや壊れた脳を鍛えたこと、壊れてない方の脳を鍛えたことも、壊れた脳をサポートするのに役立っていると思うとご指導いただきました。私が最近思うのは、高次脳機能障害は反復によりかなりの記憶や知識が定着するということです。あと楽しみながらやらないと身に付いてない(^ω^)我が家は楽しみながら、今はどこにいる?とかいますんでる住所は?とか誰と住んでるとか少しずつ点で記憶や知識を回復させて、ある程度したら年表とか図とかにしてそれを繋げて全体的な自分の状態の理解に繋げてます。
今は病識もついたし、早く直したいからと自分からリハビリするようにもなりました。
娘さんの記憶はまだお若いし、かなり改善すると思いました。記事を読ませていただき、ご夫婦で真剣に介護に取り組まれているお姿に感銘を受け、これを伝えたく、ダラダラ書いてしまいました。何かお役にたてることあればブログにでも投稿して頂けたらできる限り協力させていただきます。回復をここらより祈り、応援しております。祐喜
5:ミナミの父 :

2015/07/05 (Sun) 00:41:57

祐喜さん。ありがとうございます。

ブログも拝見しました。
2年ちょっと前と時期もほぼ同じで、言われるように後遺症もよく似ていますね。
非常に力になる話をありがとうございます。希望が持てます。
 
高次脳バランサーの基本の3種類を娘にしてもらいました。
総合D判定とよくはないですが、全く記憶できていないのかと思っていましたが、すぐ忘れているわけではないのがわかり、うれしかったです。
基本タスクだけなら短時間ですむので、これから毎日一回はしてもらいます。

本当におふた方ありがとうございます。
もっと早く、この掲示板に書き込みすればよかったです。
6:祐喜:

2015/07/05 (Sun) 15:04:02

我が家は7種をやってますね。学習効果も見れてどんどんできるようになり、もっとやりたい❗もう一回やろう❗とか楽しんでやってたりしました。
どちらかというと集中力の持続の訓練てしてやってましたね。
最近は楽しいことしてわいわい楽しく騒いだり、考えたりすることを頑張っていますので、あまりやってません(^ω^)🎵
羅心版ってリハビリご存じですか?
橋本圭司先生からうかがったリハビリですが、詳しいことは高次脳機能障害支援ネットでわかると思いますが、動機付けだけ手伝えば、自主的に楽しく目標に向かい努力できるものであり、妻には大変効果的でした。苦手なことばかり克服しようとして頑張ると疲れてやる気がなくなってしまいますが、楽しんで目標持ってやれるリハビリが効果ありました。わいわい楽しくいろんなこと考えたり、話したりしているうちに、あれ?こんなに記憶できてたっけ?ってなってました。
何かの参考になれば良いのですが・・・
7:sally :

2015/07/06 (Mon) 00:58:07

>祐喜さん

「羅心版」っていうのは高次脳機能障害の集団リハビリテーションなんですね!
初めてしりました。勉強になります!


>ミナミの父さん

ココです↓↓
「高次脳機能障害支援ネット」
http://orangeclub2006.net/

他に、この集団リハビリテーションに参加した方のブログ(?)もありました。

橋本 圭司 先生の 『羅心版』参加 報告
(橋本圭司先生による「高次脳機能障害ファシリテーター養成講座」)
http://ameblo.jp/tomorrow-kojino/entry-11911825244.html
8:ミナミの父 :

2015/07/06 (Mon) 13:59:18

裕喜さん。
Sallyさん。

「羅心版」って初めて知りました。高次脳機能障害自体、何年か前に初めて知りました。
いろいろ勉強して、娘に役立てたいです。
今までは何もできていませんでしたが、私自身もこれからは違う気持ちで取り組めます。
9:祐喜:

2015/07/07 (Tue) 15:56:54

申し訳ありません。確認が遅れてしまいました。
素晴らしいですね。
そばに心から心配して一緒に戦ってくれる存在がおられるのは本当に心強いでしょうね。
本当に素晴らしいと思います。
うちはプチ羅心版を毎日やってますね。
要は心が躍動して自分で考え、実行する一連の流れが大切なのだと思い、とにかく毎日笑わせて、感動(ワクワク、ドキドキ)させて、お互いに感謝することを心がけて、次は何がしたい?もっと楽しいことは?幸せになるために何しよう?って考えることの助長を1年半くらいしてます。
橋本圭司先生もこれが大切とおっしゃっていました。
妻は高次脳機能障害専門外来に通院していますがそこの先生も驚くほど認知、記憶、注意他あらゆる障害の改善がみられました。
Sallyさんが書いていたファシリテータ養成講座は素晴らしい講座でした。その本もかなり良い本でしたよ。
機会があれば読んでみてください。
回復を心よりお祈りしつつ、熱烈応援しております。
10:ミナミの父 :

2015/07/10 (Fri) 12:39:35

裕喜さん。本当にありがとうございます。
 
諦めていた記憶障害なので、気長にやっていきます。
娘の手術後の姿を見ていますので、その時のことを思えば、よくここまで回復したものだと思っています。
普通に会話ができ(多少の構音障害による言語障害はあります)、ありがたいことです。
11:はる :

2015/10/16 (Fri) 14:12:24

父の症状と同じです。
中脳出血による動眼神経麻痺のため、吊り上げ術による眼瞼下垂手術を受けました。手術すると目は開きますよ。
脳幹は記憶形は良くなるようなことが書いてありますが、父も前日起こったことをほとんど覚えていません。
中脳出血が原因か水頭症が原因なのか…不安ですね

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.